職歴

2017年10月27日~:
Takada Legal P.C. プリンシパル

2016年10月~2017年10月:
Paul Hastings LLPニューヨークオフィス 弁護士

2015年10月~2016年10月:
Gibson Dunn & Crutcher LLPニューヨークオフィス アソシエイト弁護士

2015年2月~2015年10月:
Wilmer Cutler Pickering Hale & Dorr LLP ニューヨークオフィス アソシエイト弁護士

2012年9月~2015年2月:
Paul Hastings LLPニューヨークオフィス アソシエイト弁護士

2010年10月~2011年8月:
Columbia University ポストドクトラル研究者

所属団体

アメリカ法曹協会(American Bar Association)
アメリカ知的財産権法学会(American Intellectual Property Law Association)

学歴・資格

2014年 米国弁理士登録
2012年 ニューヨーク州弁護士試験合格 (2013年登録)
2012年 ニューヨーク大学ロースクール卒業
2010年 コロンビア大学博士号取得
2004年 アマースト大学生物学学士取得(内村鑑三スカラシップ, phi beta kappa)
2002年 東京大学法学部卒業

過去取り扱い訴訟例(過去事務所を含む)

Gevo Inc. v. Betamax Advanced Biofuels (Civil Action Nos. 11-00697, 11-00054) (バイオテクノロジー特許侵害訴訟の原告側代理人)

HELSINN Healthcare S.A. v. Dr. Reddy’s Laboratories, Ltd. et al. (Civil Action Nos. 11-05579; 11-03962; 12-02867)(DDel) (ANDA訴訟の原告側代理人)

Sucampo AG et al. v. Anchen Pharmaceuticals, Inc. et al. (Civil Action 14-07114)(DDel) (ANDA訴訟の原告側代理人)

TEIJIN Limited and TEIJIN Pharma Limited v. Dr. Reddy’s Laboratories Ltd. and Dr. Reddy’s Laboratories, Inc. et al. (Civil Action 13-01780; 13-01781; 13-01852; 13-01851; 13-01939; 13-02086; 14-00117; 14-00166; 14-00184; 14-00189; 14-00854; 14-01370)(DDel)( ANDA訴訟の原告側代理人)

Sumitomo Dainippon Pharma Co., Ltd. et al. v. Invagination Pharmaceuticals, Inc. et al. (Civil Action 15-00281; 15-00280) (DNJ) (ANDA訴訟の原告側代理人)

GlaxoSmithKline LLC and GlaxoSmithKline Biological S.A. v. Pfizer Inc. (Civil Action No. 15-01283)(DNJ) (バイオロジックスの特許侵害訴訟の原告側代理人)

Novartis AG, Novartis Pharmaceuticals Corporation, Mitsubishi Tanabe Pharma Corporation and Mitsui Sugar Co., Ltd. v. Actavis et al. (Civil Action No. 14-1487; Civil Action No. 15-0150; Civil Action No. 15-0151; Civil Action No. 15-975) (DDel) (ANDA訴訟の原告側代理人)

Novartis AG, Novartis Pharmaceuticals Corporation and Mitsubishi Tanabe Pharma Corporation v. Milan and Torrent Pharmaceuticals Limited (IPR2014-00784 and IPR2015-00518) (Inter Partes Reviewの原告側代理人)

Mitsubishi Tanabe Pharma Corporation, Janssen Pharmaceuticals, Inc., Janssen Pharmaceutica NV, Janssen Research and Development, LLC, and Cilag GMBH International v. Sandoz Inc. and Zydus Pharmaceuticals (USA) Inc. (Civil Action No. 17-05319)(DNJ)(ANDA訴訟の原告側代理人)

Sumitomo Dainippon Pharma Co., Ltd. et al v. Emcure Pharmaceuticals Ltd.; (Civil Action No. 18-02065)(DNJ) (ANDA訴訟の原告側代理人)

記事・講演

  1. 記事:“米国訴訟:デポジションは怖くない?”: 一圓融合2015年7月28日

2. 記事 :“Inter Partes Review Adds Nother Twist to Hatch-Waxman Litigation”: New York Pharma Forum Blog (April 22, 2014)

3. 記事:“バイオシミラー初の米国連邦最高裁における司法審査”: New York Pharma Forum Blog (April 10, 2017)